豪雨・台風・ソフトバンク
0
     先週の14.15.16日は壱岐に2泊3日で娘の旦那の実家に
    顔出しを兼ねて石鯛釣に行く予定でしたが、九州北部の豪雨もあり
    海上は波が2.5mとシケていたのであきらめました

    今週も18.19日と三瀬ワンドの予約を入れてましたが、台風で断念
    せざるをえなかったです

    ところで、今年のソフトバンクは杉内・和田・川崎・ホールトンら主流の
    選手が抜けてCクラスに低迷してますね
    今月初めにヤフードーム行って来ましたが、外野席はいつものように
    盛り上がり最高でした
    ばってん試合は悲しくも負けました。

    ホークス山笠も応援してましたよ。
    カテゴリ:トピックス | 17:17 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    友住での大会(諫早石鯛)パート2
    0
       前回釣行時の内容について、その時の磯の状況などを書けなかった事などを
      今回報告します。
      その日は中潮の10時44分が満潮で朝からは上げ潮なので最高の条件だと思い
      白瀬の左側高段に上がり、とりあえず竿をセットして磯に付いてるカラス貝・フジツボ・
      カメの手などを二人で20kぐらいセセ棒で落し、砕いてウニガラ1缶とポイントに入れて
      竿を構えるがガキの小さい奴みたいなエサ盗りの当りしか来ない
      潮の動きを見るとかすかに動いてはいるが、本命の潮は入って来ないし下げ潮に
      なると状況はますます悪くなるばかりで、当りもなく満潮になり万事休す



      有川側の低い瀬を見ると下げ潮が走っているので、潮が少し引いて
      岩の切れ目を渡って低い方に移動出来ると確認し、
      荷物をまとめて移動して見ると
      先端は北東から南西方向に下げの急潮が横流れに走っているが・・・
      手前のロクロ向いた方は巻潮から反転流になっているので、
      早速、磯に付いてるカラス貝などをまたセセ棒で目いっぱい落として
      カブセをポイントに入れて



      私は潮の動きを合わせて仕掛けを替えながら様子を見る判断の策を取り
      竿をピトンに掛けて様子を見る・・・・・
      相棒のシーザー君にも同じようにガブセをするように言うが、彼は先端から遠投
      するから大丈夫ですよと言って投げている
      しかし思うように仕掛けも落ち付かないようで最後まで苦労しているようだった

      その後、竿先が潮に引かれては戻りの状態を見つめながらの状況だったが・・・・・

      約一時間ほどして潮が少し緩みだし竿先に少し反応が出て来だしたようなので、
      ゆっくり上げてみると先ほどまではガゼがそのまんまの状態だったのが、
      半分ほど食われているではないかと思い、食いやすくする為にそのガゼに
      またヒビを少し入れて投入すると、しばらくしてから「ふわりふわり」と竿をしならせる
      大物らしき当りから、すぐに竿先がガツンと海面に突き刺さったので合わせを入れると
      大物までとはいかないが、3k級の元気の良い引きがあり本命をゲット
      実際、2.1kgとイマイチの型だったけど悪状況の中で釣れた1枚でやはり感無量でした
      その後は納竿までシーザー君にポイントを譲ったけど時間もあまりなく終了・・・・・
      翌日シーザー君は豪雨の中頑張ったみたいけどボーズでした


      下の画像が当日瀬上がりしたポイント図です。

      最初に上がった高段が左側、その後移動したA地点、シーザー君は右先端でした


      ちなみにカブセがない時などは現地の磯に付いてるフジツボなどを取って、少しでも
      入れる事をお勧めします、また初めてのポイントやカブセの入っていない所なども
      必要でしょう、
      なぜならば、今回の石鯛君もフジツボなどの磯に付いてる貝類が腸の中に満タン
      してましたよ


      カテゴリ:石鯛釣り | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      友住での大会(諫早石鯛)
      0
         久しぶりの更新で〜す
        今回は1年半ぶりにクラブの大会で23日の早朝から24日までの1泊2日釣りに
        行って来ました。


        自分ら2人は一昨年3k台を3枚仕留めた白瀬に上がったのですが、前日潰した
        カラス貝1缶を間違えられてウニガラに替わっているし
        エサのガンガゼは誰かが私の分まで降ろされて相棒のエサに頼るしかない始末、
        ばってん落ち込んだらいかんと思い 
        磯についてるカラス貝・亀の手・ジン笠などを潰してマキエに
        しかし本命の当りはなく時間が過ぎていくだけ・・・・・・・・

        もう半分あきらめモードでポーズをとっているシーザー君(岩松)です


        磯の形態はこのようで後ろに傾斜しているので弱冠疲れました、しかし下げ潮に
        替わり潮が引いて島が見える方向の突端に移動し、回収30分前に2kクラスで
        小さかったけど1枚仕留めました



        その後、宿に着いて宴会で盛り上がっていたら豪雨で明日も続く予報・・・・
        翌日、年寄り組6人は釣りをあきらめ酒盛りに五島うどん食べたりしての〜んびり
        しかし、若者組7人は豪雨もめげず行きましたがボーズでした
        皆さんおつかれ〜

        佐世保に着いたら無料駐車場に車が水没2台動かなくなり高〜い駐車場に
        なり、悲しくも1台は廃車・・・・

        マイホームに帰ったら将来の底物師から3ショットと言う事で孫たちと一枚
        大きくなったらデカバン狙えよ!

        カテゴリ:石鯛釣り | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        石友連合・福岡例会
        0
           先週日曜日は石友連合の福岡例会でした、われら「諫早石鯛」の今回出席者は
          ダンプ池田・松永・新人の井田と私の4人でしたが、途中「娯楽石鯛」の池田会長達と
          合流し、車中ではビール等で盛り上がり着く前に半分出来上がり状態でした

          12時ちょい過ぎに会場に着くといつものメンバー(森友夫妻・廣田会長・中西氏・岡崎氏)
          など大勢が待っていましたので、池田会長の乾杯の音頭で始まり釣果の結果発表に移り、
          今回(1月1日〜4月30日)は68.5cm台が2枚出ており福岡勢の桐原君と稲永君の二人で
          争われましたが、同寸で重量が5.8kg(写真魚拓左側)の桐原君が優勝しました
          (ちなみに釣れた場所は坊津と壱岐でした)




          宴会は盛り上がりいつもの抽選会も現金から豚肉など豪華な内容の商品で、〆はいつもの
          森友オヤジさんが元経営していた居酒屋「男女群島」で最後までドンチャンさわぎの1日・・・
          私も翌日は昼過ぎまで二日酔いが取れませんでした
          カテゴリ:石鯛釣り | 14:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          最近の釣行
          0
            最近大瀬戸の大角力(ダラ)・小角力(トーフ)などで石鯛が上がっているとの情報も入り 
            先週従業員とクラブ仲間で、まずは長崎近郊の黒崎に様子を見に行って来ましたが、
            やはり近場は潮の動きも悪くガキみたいな当たりしかありませんでした


            黒崎の先壁で当りがなく座り込んでいる森君です


            それと野母三瀬の方は上物仕掛けに食い大きいのはバラシがあるそうで、先週クラブの
            仲間が2日続けて行き2日目に2kg前後を2枚上げたそうです

            また今週は長手で4kg台が上がったみたいですよ、クラブ仲間の森君たちが今週予定しています、私も来週仲間と三瀬予定で結果は後日報告します
            カテゴリ:石鯛釣り | 17:54 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
            << | 2/11PAGES | >>